Motorola製のAndroid端末には、スライド式キーボードを搭載した「Milestone」シリーズ、くるりと回転するギミックが魅力な「Backflip」「Flipout」など、ちょっと他のメーカーと変わったデザインのものが多い、という印象がありました。そんなとき、なんともすごいデザインの機種を知ってしまい、ついオーダーしてしまいました。それが今日届いた「Motorola CLIQ2」です。

同梱されていたのはUSBケーブル、充電用のACアタッチメント、イヤフォン、バッテリー、背面カバー、マニュアル類といったところ。本体は液晶画面の周囲はやや丸みを帯びていて、その部分は鏡面っぽい仕上げになっています。起動するとおなじみの「Motorola」ロゴマーク。

そして、この機種の最大の特徴は…なんとハニカムデザインのキーボードが搭載されていることです。しかもスライド式となっています。本体のスライド部分の質感はかなりしっかりしており、そのあたりは「Milestone」系と同じような質感です。しかし、このハニカムキーボード、なんとかなりしっかりとした押し心地でとても押しやすいのです。女性で爪の先で入力するような場合にもあたりはやわらかいので押しやすいですし、キーの大きさが大きめで少し丸みがかっていることもあり、指の腹で押すような使い方をする人でも、すんなりと押すことができます。ふにゃふにゃとしたゴムのような質感ではないので高級感もあります。

本体背面には500万画素のカメラが搭載されています。背面カバーのデザインは木目のような溝がぐるりとはいっていて、また材質もあわせて、指紋あとなどがほとんどつかないようになっています。こちらもとても美しいです。

起動するとMotorola端末おなじみの「motoblur」の設定が開始されます。とりあえず登録して設定し、完了するとHome画面が起動します。

とりあえずロケールを設定するために「Morelocare2」をインストールし、カスタム設定でJA設定をします。あとは日本語入力用ソフトなどをインストールするところまで完了。ただいま愛用しているメインマシンである「Samsung Galaxy S EPIC 4G」と並べてみました。こうしてみると、こじんまりしていますが、質感は高級でかつ画面サイズも少し小さいわりには見づらいということのない、ほどよいサイズでることがわかります。

ともかく、この「Motorola CLIQ2」を知ってしまったとき、もう二度とこんなデザインの子は出ないかもしれない!と思って購入を決めてしまいました(汗)ですが、実際の使い心地などもわからないのでキーの使い心地が悪かったらどうしよう…と不安な気持ちでいっぱいでした。ですが、実際に手にしてみたらとても高い質感ですし、キーは押しやすいし、大変嬉しくなってしまいました。

設定や使ってみての感想などはまた少ししてからまとめたいと思います。