私のなかでいまだに最高のモバイルPCであり、いまでも愛用者や後継機種を望んでやまない人が多くいるのが、SONY VAIO Type Pシリーズだと思います。今のスペックでアレをもう一度出してくれれば…ソニーから離れたVAIO株式会社が出すべきはそれじゃないのか!などなど…しかし、そういううわさはほとんど出てきません。700g台のLavie Zシリーズなども登場しており、軽さだけであればあれでもいいとは思うのですが、サイズ感が違うのです。で…別のものを探しにお店にいったら、こんなものが発売になっていました。すっかりノーチェックだったのですがひと目でこのサイズ感にやられてしまいました。それが「ASUS TransBook T90Chi」でした。

th_20150322_121735

いえね、本当はchromebookを見に行ったのです。ちょっとサイトの更新をしたり原稿を書いたりするのにはあれでいいじゃないかと思っていたのですが、最軽量でも1kgを超えてしまうので、持ち歩きを考えると過去に何度か使っては諦めており、やっぱり違うかなと思っていたところでした。

th_20150322_121758

「ASUS TransBook T90Chi」は実はタブレットタイプのWindows PCとBluetoothキーボードのセットとなっています。でも、デザインを両方メーカーがきちんと設計することで、このようにノートPCのように使えるようになっています。一体感のあるこのデザインはすばらしいと思います。キーボードの配列もあまり気になりません。

th_20150322_121802

単純にキーボードだけ見ても、ASUSにしては本当によく出来ています。ただ、パッド部分などはないので、別途マウスを接続するか、画面をタッチして操作することになります。打鍵感はとてもしっかりとしていて、単純にBluetoothキーボードと見てもよいものです。

th_20150322_121952

画面を開くとこんな感じになります。開く角度がちょっと狭いのが残念ではありますが、それでも普通に使う分にはあまり気になりません。もしもっとどうしても開きたい場合には、タブレット部分をはずして何か別のスタンドを使えばいいと思います。

ともかく何よりも持ち歩く際の一体感が本当に素晴らしくて、あのVAIO Type Pを持ち歩いていたときの感じに近いサイズ感で持ち歩くことができるのが、最大の魅力だと思っています。

量販店で製品を見ていたらあまりの人気で在庫が少ないです、と言われたもののその場では購入しませんでした。が、その後別の店にて新古品が3万円台で出ていたので購入してしまった次第です。この質感で使用感でこの値段であれば問題なしです。いっそ同じようにカラーバリエーションが出てきたらもっと売れそうな気がします。