私がたまにレビューを書かせていただいている「Rakunew」さんから、先日セールの案内メールがあり、思わず自腹購入してしまったものがあります。中華スマートフォンでは、その存在を最近とても注目されているXiaomiから販売されているイヤフォン「Xiaomi Piston 2 Earphone」です。セール価格で4000円程度、通常価格で6000円程度で購入可能という、あまり高くない手の届きやすい値段のイヤフォンです。

th_P1000537

普段、わたしは1万円以下のイヤフォンにはあまり手を出しません。理由はとても簡単で、それ以下のものの場合、やはりどうしても満足感が低い製品の率が高いからです。1万を超えればそれなりに良いものが増えてきます。なお、普段の愛用イヤフォンはKlipsch image X10などです。届いたパッケージはシンプルでオシャレ、同社のスマートフォンのパッケージと同じく再生紙などを利用したもの。

th_P1000538

こんなふうに包んでありました。ちょっとおもしろいですよね、使い方(ボタンの操作)などはパッケージの内側に記載されています。

th_P1000539

ケースはこんな感じ。このなかの黒い部分にイヤフォンのケーブル部分が巻いてあります。普段の持ち歩きでも使えるようになっている模様。でも私は使わないけれど…(ちょっと重たい)

th_P1000540

ケーブルは端子からボタン部分までは外側が紐のような感じになっていて、ボタンから耳栓部分までは樹脂製です。若干のタッチノイズはありますがもっと多いものよりは感じませんでした。

音に関しての個人的な感想ですが、まずはともかくフラットで自然な印象。低音ばかりを持ち上げているわけでもなく、高音を強調しすぎているわけでもありません。でもとてもよく通る音を鳴らしてくれます。曲や好みにあわせてイコライザで調整すると化けます。私の好みとしてはもう少し通常時のまま中高音域を強く出して欲しいのですが、考えてみれば自分で調整すればいいっていうほうが正しいのでしょうね(中国、韓国メーカーのプレーヤーはイコライザが細かく調整でき、よく効くものが昔から多かった印象)。イヤフォン自体にあまり色がついていると曲によって合わない場合などが出てきてしまうし、買う人の好みにも左右されてしまうので。

とりあえず5000円クラスの他のイヤフォンを買うならこのほうが絶対いいし、コスパはとてもいいなと思いました。もっと高くてもいいんじゃないでしょうか?多くの日本人が中華製だからなんて甘く考えていそうな気がしますけれど、スマートフォンもですが、実際使ってみるとすごいものはたくさんあるんですけどね…(もちろん酷いものもありますが、それはどこでも同じです)。いずれにしても、この価格でこういう製品まで出せるXiaomiはやっぱり恐るべき存在に成長しつつあるのでしょうね。