初代が発売されたときにもとても気になっていたものの、ロシアの
Continue Reading »